年代別転職

 転職をする歳に制限というものはありませんが、年代によって考えておくべきことが違ってきます。そんなポイントを年代別に分けて紹介しましょう。

 

20代の転職ポイント

 まず、一番企業が必要としていて、転職もしやすい20代です。20代で転職するということは、これから40年近くそこで働いていくということになります。なので、出来るだけ自分が後40年続けられると思える仕事を選びましょう。自分に向いていない職業になってしまっては、40年続けるのは苦痛でしかないでしょう。

 

30代の転職ポイント

 30代ということは、そこそこ今の職業に慣れてきてからの転職ということでしょう。すでに10年近く働いていた職場を離れて、なぜ転職するのかということをしっかりとまとめておきましょう。20代に比べて今の職場を離れるリスクがとても高くなってしまいますので、条件をしっかりと言っていくことが重要です。

 

40代の転職ポイント

 40代というとすでにそこそこの役職についているような人が転職するということでしょう。そこまで長く同じ会社にいて、それでも転職するということはよっぽどの事情があってのことだと思います。40代の転職については求人がとにかく少ないので、できるだけ身近な部分のコネなどを利用するようにしましょう。